単焦点レンズとは

1つの補正機能を有しているレンズ

単焦点レンズはカメラにも使用されているのですが、1枚のレンズにつき1つの補正機能を持っているもののことを指します。例えば近視を持っている人に使用する場合は、近視を補正する機能のみを持った単焦点レンズを使用します。同じように遠視の場合も、遠視を補正するための単焦点レンズを使用することで視力をサポートすることが可能です。このように1つの症状に特化した補正機能を持っているところが単焦点レンズのメリットかつ特徴として挙げられており、近視や遠視だけではなく老眼や乱視を補正したり、ブルーライトカット機能や撥水機能、紫外線カット機能、曇り止め機能などがついているものもあります。 ただ注意点として、1つの補正機能しかついていないため、複数の補正機能を利用したい場合は多焦点レンズや累進レンズと呼ばれるものを利用することが推奨されています。

単焦点レンズの利用が向いている人

このように単焦点レンズは1つの補正機能に特化した、用途や目的別に使い分けることを前提としているレンズになります。そのため単焦点レンズが推奨できる人の特徴の一つとして、いつも一定の距離で作業をする人が挙げられています。多焦点レンズや累進レンズは作業する距離が変わる場合に、周囲のゆがみを補正してくれる効果を持っているのに対し、決まった距離で作業をすることが多い人であればそこまで周囲の歪みを補正する必要はありません。このため近視用または遠視用の単焦点レンズだけで、安定した作業をすることが可能です。

また単焦点レンズの中には老眼用もありますが、あくまで手元の視界を補正するものなので遠くを見る作業には向いていません。そのため老眼が進んでいる人であれば多焦点レンズや累進レンズが推奨されますが、そこまで老眼が進んでいない人であれば単焦点レンズの方が使いやすいとされています。