多焦点レンズとは

どんな目の症状の人たちが使うの?

メガネのレンズ選びをしていて、レンズの種類の特徴を知りたいという人もいるかと思います。その中でも、多焦点レンズはどんな目の症状の人が使えばよいのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。多焦点レンズとは、2つ以上の焦点をもつレンズのことをいい、いわゆる両用メガネを作る際に利用されます。

例えば、遠近両用メガネであれば遠方と近方を見るために2つの焦点があり、それにより度数が変わるようにレンズを制作します。人間の目は、見る対象物の距離により水晶体を膨らませたり縮めたりしてピントを合わせます。その機能が年齢を追うごとに衰えていくので、それをカバーするために多焦点レンズを使用します。多焦点レンズのメガネを作る際には、自分の目の状態をしっかり見極めてくれる専門家がいる店に行くようにしましょう。

多焦点といっても色々あります!

そんな多焦点レンズですが、色々なタイプのレンズがあります。まずは、先ほども少し触れた遠近両用レンズです。一般的に、レンズ上部が遠くを見る部分で、下部が近くの物を見る部分になっています。視線を上下させるだけで目的物が見やすくなるので非常に便利です。

次に、中近両用レンズがあります。これはこのメガネでテレビやモニター等を見る、手元の新聞や資料を読むという作業を同時にする場合に非常に便利です。室内で会議等の仕事が多い人や、休日用に中近両用レンズのメガネを作るという人も多いようです。さらに最近では、近近両用という通称デスクワーク用メガネも注目を集めています。手元とデスクに置かれたPC画面を同時に見る時に便利で、集中して仕事をしたい場合にピンポイントに使うというビジネスマンも増加傾向にあります。