レンズの選び方

近視の場合は厚さをチェック

メガネを購入する場合、デザインばかり重視してしまうかもしれませんが、快適さを求めるのならレンズのこともしっかりと考えましょう。特に近視が進んでいて度の強いレンズが必要な場合は、どのくらいの厚さにするか決めなければいけません。レンズを選べば厚さがどのくらいになるのか、メガネを作るまえにお店の人に教えてもらえます。厚すぎると見え方が変わってしまいますし、不格好になりフレームのデザインを損なってしまう場合もあります。薄すぎた場合は強度が低くて、割れやすくなってしまう可能性があるので気をつけましょう。ただ、厚さを一段階変えるだけで金額がかなり変わるケースもあるため、予算とのバランスも考慮してベストなレンズを選ぶことが大切です。

遠近両用レンズもある

遠くのものが見えづらい近視と、近くのものが見えずらい遠視の両方で困っている方もいるでしょう。遠くを見るか近くを見るかで、わざわざメガネを交換しなければならず、いつも面倒だと感じているかもしれません。そのときは、遠近両用として販売されているレンズを利用すれば、ストレスをグッと減らせます。なお、遠近両用レンズのメガネを購入するときは、お店のスタッフにしっかりと相談するようにしましょう。遠くと近くのどちらを重要だと思うかで、利用すべき遠近両用レンズは異なってきます。そのため、詳しい知識を持っているお店のスタッフと相談しながら作らなければ、利用しにくいメガネができる可能性があるので注意しなければいけません。

視力を補うのが目的の眼鏡でしたが、今ではファッション小物として色、形、材質、値段などの選択肢が増えました。私たちのくらしや気持ちを豊かにしてくれる大切なアイテムの一つです。