面長に合うフレーム

似合うメガネはフレームの選び方が大事

顔が面長の人の中には、なかなか似合うメガネが見つからずに、普段から困っているケースがあるかもしれません。似合うメガネを探すポイントは色々ありますが、その中でも特に重要になるのが、自分の顔型に似合うフレームを選ぶこと。さらに大事なポイントは、自分の顔型となるべく相反するタイプのフレームを選んで、顔全体のバランスを取ることです。例えば丸型の顔であれば、スクエア型のように角張ったフレームが最適。その一方で四角顔の場合には、ボストン型やラウンド型のように、丸みを帯びたタイプのフレームを選ぶとよいでしょう。

この点、顔型と同じタイプのフレームを選ぶのは、できるだけ避けるべきでしょう。丸顔の方が丸みを帯びたフレームにすると、顔全体が大きく見えてしまい、野暮ったい雰囲気になることも。また四角顔の方が角張ったフレームにしても、表情が硬くなったり、目尻がキツく見えるなど、印象がマイナスに働くこともあり得ます。

面長の方にはこのフレームがピッタリ!

それでは顔型が面長の方は、どんなタイプのフレームにすればよいのでしょうか。先述したフレーム選びの基本からいえば、角張ったタイプのフレームは避けたほうが無難かもしれません。面長は顔のラインがシャープなので、角張ったフレームを着用すると、それが一層強調されてしまい、冷たくキツい顔の雰囲気になりやすいからです。

したがってラウンド型やボストン型あるいはウェリントン型のように、丸みを帯びたフレームを選ぶのがベターと言えるでしょう。さらにその中でもフレーム上下の幅が大きいものであれば、顔の長さが抑制されて、顔全体のバランスを上手に保つことが可能になります。同時に、面長の顔にありがちなシャープで冷たい雰囲気も中和されるので、顔全体に温和な印象をもたらすことも期待できます。

めがねは、とても繊細です。掛け外しを両手で行うことはもちろん、耳に掛ける部分であるつる(テンプル)は左側から先に畳むようにしましょう。